Jasper Hill 

2019.02.14 ワインについて



オーストラリア国内のボトルショップに並べられたワインの中でも、このJasper Hill ジャスパーヒルのワインは大体が念入りに鍵がかけられた特別なセラーの中に鎮座している姿をよく見かけます。
その時点で特別感が漂っております。

そんなJasper Hillのワインがやっっと日本に到着しました。

私自身が初めてJasper Hillのロンにお会いしたのは、実はDown Underを立ち上げる前のこと。

その際に、インポーターを立ち上げて輸入したい。
そのポートフォリオの中に、あなたのワインも絶対に入れたいんだと伝えましたが、そこから早3年近くが経過してやっとの今回の到着となりました。


ロン自身は、輸入したいという私のお願いにその場でOKを言ってくださっていたんですけれど。
ただでさえ生産量が少ないということもあって、このタイミングでの到着となりました。


ジョージアとエミリー。
ロンの愛娘2人の名前が付けられたそれぞれのシングルヴィンヤードから生まれるシラーズ。

現地セラードアが開くのは、年に一度だけ。
たくさんの人がその日を心待ちにし、そしてその一日だけで全てのワインが完売してしまうとのことで人気のほどが伺えるエピソードです。


 

新規取り扱いワイナリー① 

2019.02.07 ワインについて

2019年
次々と新たな取り扱いワイナリーや新ヴィンテージのワインが届いております。

その中の1つ。
Crawford River クロフォードリヴァー


写真の様子を見てみても、のどかな様子が伝わるかと思いますが、実際のーーーーんびりとした産地。
メルボルンからもアデレードからも4時間以上かかるとあって移動だけでも大変なのですが、そのワインの味わいは「 ここまで来た甲斐があった! 」
と思えるのです。

wifiの電波も途切れがちな何もない道をただただひたすら車を走らせる車窓から望めるのは、たくさんの羊たち。


ヘンティというこの産地。
ワインだけでなく、羊毛業が盛んとあって羊、羊!  

こちらクロフォードリヴァーでも羊毛業も行っております。


1975年に、キャサリン&ジョンご夫妻が最初のリースリングを植えて以来。
世界的に有数のワイン評論家やマスターオブワイン達が、彼らのリースリングを「 オーストラリアTopクラスのリースリング 」を評してきました。


限定入荷にて届いております。
詳細はお問い合わせくださいませ。

 


現在表示件数 1〜2 全件数2件

ご不明な点・お問い合わせはお気軽に!

06-6123-7768  9:00~18:00(土日・祝祭日定休)
メールでお問い合わせ