「その先を知りたい人のための」ワインセミナー 

2017.06.28 セミナー

 

 

本日 6月28日は、第一回目の弊社主催によるワインセミナーでした。

 

通常 インポーターが主催するセミナーというのは、自社の商品に関してのセミナーを開くことが殆どでしょう。

けれど今回開催した内容は、Down Underのワインに関しては一切触れておりません。

 

講師には、小原陽子さんをお迎えしてのセミナー。

小原さんは、ジャンシス・ロビンソンの記事の翻訳などワイン業界に携わる方なら あの方!とお分かりになるはず。

実は、数年前よりコジーも私も小原先生より' 英語でワイン' という講座を受講しておりまして、そのご縁もあり今回からの開講となりました。

 

私自身、何かワインに関してネットや本で調べる際も 当たり前に日本語でのみ調べ、そしてその情報を知識として増やしてきました。

けれど、英語での情報量は日本語のものに比べると遥かに多く、世界のスタンダードとなっている事項が日本ではあり知られていない・・・というような場面も多々あり、英語で学ぶことの必要性と重要性を実感。

お客様にワインをお勧めする以上、もっと深く新しくよりよい情報を正しく学びたいという想いは強くなるばかりです。

何かを学ぶことに終わりも限界もなく、続くもの。  今日もまた、新たな発見がありました。

 

 

セミナーは、Down Underのワインを日ごろお使い頂いているお客様へ向けたセミナーでして

第一回目のテーマは「 Natural Wineと醸造 」

ご参加いただいた皆様の また新たなワインの扉が開くキッカケとなれば。。。。

 

そして、第二回目は8月30日 

こちらのテーマは「 Natural Wineと甘口ワイン 」を予定しております。

 

 

2ケ月毎のセミナーを開講致します 

2017.06.06 セミナー

 

 

Down Underが本格的に始動する前から考えていたことの1つが、今月6月より 2ヶ月ごとの定期開催にて確定致しました。

 

「 ワインに関してのセミナー 」を開きます。

 

講師には、私自身が以前より受講している講座で「 英語でワイン 」というものがあるのですが、その講師である小原陽子さん(詳細は最下部にあります)に かねてよりオファーしておりまして、快諾頂けました。

 

英語が得意でない私にとっては、ワインに関する情報も全て日本語で書かれたものから・・・・だったのが数年前までの私。

けれど、知りたい内容が非常に限られている(日本語の情報からのみ)中からでしか知りえないことに限界を感じ、英語での情報が読めるようになりたい!と思ったのがキッカケ。
​英語でワインを学ぶ講座の開講を小原さんにお願いし、私が経営する飲食店の営業時間外にお越し頂いてのレッスンが始まりました。
 


授業自体のテーマの切り口もそうですし 今までJSAの資格試験勉強などで 知ったつもりになっていたことがこんなにもあるのか!と衝撃を受けたことが山のようにあります。
 

今回、Down Underが主催するセミナーでは使用する言語は日本語です。
​けれど、日本語の情報だけでは知ることの出来ない。 そんな情報を凝縮したセミナー。

​(勝手ながら、日ごろDown Underを支えて下さっている業務店の方へ向けたセミナーの為、取引を頂いていないお客様はご案内できないことをご了承くださいませ。)



記念すべき第一回目のテーマや日時は下記の通り。

日時:  2017年6月28日(水) 15:00~15:45
テーマ: 「 ナチュラルワインとはそもそも? 」 

場所:  大阪駅前第三ビル内にて(ご参加の方のみ別途ご案内させて頂きます)

​     *事前のご予約制*

講師である小原陽子さん​のプロフィールは下記をご参照くださいませ。

「講師プロフィール」

東京理科大薬学部卒。

製薬会社での化学研究員を経て化学会社の英文チェッカーとして勤務する傍らワイン講師としても活動。理系のバックグラウンドを生かしてワインを科学的に正しく理解するのがモットー。

ジャンシス・ロビンソンによって「マスター・オブ・ワイン・プログラムに入るためには実質的に必須」といわれる国際的なワイン資格、WSET Diplomaの日本人として12人目、西日本初の取得者(日本国内での外国人を含む取得者としては17人目)。

2015年度からマスター・オブ・ワイン・プログラムへの入学を許可された。


現在表示件数 1〜2 全件数2件

ご不明な点・お問い合わせはお気軽に!

06-6123-7768  9:00~18:00(土日・祝祭日定休)
メールでお問い合わせ