DCB

2019.05.12 ワインについて

また1つ。
新たなワイナリーがDown Underのポートフォリオに仲間入りしました。
「 DCB WINE 」
といいます。

Domaine Chris Bendleの略でして、そのままワイナリーの名前となっています。
なんともシンプル。


Down Underを立ち上げるキッカケと言いますか、バックボーンは、私が経営する飲食店「G'dayワイン食堂」があります。
そのスタッフのソムリエールが現地に醸造研修に行った際に知り合ったのがChrisでして、大変お世話になったそうです。

Chrisが長年勤めているワイナリーに変わらず勤務しながら、自身のワイナリーを立ち上げたのが2013年。

今回日本に初めて到着したのは2017年ヴィンテージのシャルドネとピノノワール。
彼にとって5回目のヴィンテージとなります。

現地で、ファーストリリースである2013年以降、順にテイスティングさせて頂きましたが、目を見張るくらいの味わいの飛躍的な進化。
そして、何よりもファーストリリースの2013年の出来の素晴らしさに同行者全員心を奪われました。

私が以前より親交を深めているワイナリーのオーナーは、とある日、こんなことを仰っていました。
「 Small is better 」
全てのプロセスにおいて、自分の目で見て、手で触れて、感じながらワインを造れるから。

ここDCBは、そういった意味ではベストかもしれません。

スタッフはChris1人だけ。
Small の中のSmallです。

 

 

 


ご不明な点・お問い合わせはお気軽に!

06-6123-7768  9:00~18:00(土日・祝祭日定休)
メールでお問い合わせ